MENU

その腹痛、アルコール性胃腸炎かもしれません?

スポンサーリンク

子供のころにはわからなかったことですが、大人になるとアルコールを摂取する機会が多くなります。
また、お酒の味がわかるようになってお酒を日常的に飲むという方も多いかと思います。
しかし、その飲酒は、場合によっては病気を起こす原因かもしれません?
腹痛と言えば様々な要因があるのですが、アルコールの摂取が原因で起こる「アルコール性胃腸炎」について説明をします。
この病気をご存知で無い方も多いかもしれませんが、意外と経験をされている方が多くいらっしゃるのでご紹介をしたいとおもいます。
アルコールというのは、少量であれば体にいいという傾向があるのですが、その飲酒の量が多く、度のつよーいお酒を飲んだ場合というのは逆に体を悪くしてしまうと言うことがあります。
皆さんの中でも、お酒の飲みすぎで体を悪くしたという方を見たことがあるかもしれません。何事にも適量が大事と言うことです。

スポンサーリンク

これは、胃の粘膜というは、胃を胃酸から守るために、コーティングする役割を持っています。
しかしながら、大量のアルコールを摂取すると、この粘膜というのは削ぎ落ちてしまいます。
これによって、もともと刺激の強いアルコールが胃の壁を攻撃してしまいます。
この攻撃によって胃というのは炎症をお越してしまいます。
主な症状としては、胃のむかつきや痛み、重いと感じたり、吐き気という症状が起こります。
またこの炎症が小腸や大腸というところにいくと、下痢をお越します。
また吐血や血便も起こすことがあり注意が必要です。
本来であれば、胃に違和感を感じたら休ませる事が好ましいといえます。
症状自体は3日ほどで回復するようなものなのですが、ここで注意したいことは日常からお酒を飲んでいる方ですと、慢性的に胃腸が炎症を起こすことになります。
また生活の中でストレスを感じている場合には、尚更、胃腸のダメージは深刻化していきます。
この症状は悪化すると、潰瘍や出血、ポリープをつくるといった原因になります。
そしてこれらは癌の原因になるため、非常に注意が必要です。
そのため胃腸の違和感が続くようであれば、医療機関での検査を行うようにしてください。
お酒というのはからなずしも害ではないので、もしも日常からお酒を飲まれている方でしたら、お酒を飲まない日をつくるようにする。また、量を減らすという努力をするようにしてください。

スポンサーリンク