MENU

妊娠中期、後期の腹痛の原因ってなに?

スポンサーリンク

妊娠も中期に差し掛かり、つわりといった症状も落ち着いてくる頃合だと思います。
中にはやっと落ち着いてと感じている方も多いかと思います。
つわりも落ち着き気持ち的にも余裕が出てくることから、これから子供が生まれ来るというイメージも出来始め、気分的にも嬉しく思うということがあるかと思います。
しかしながら、なぜか、下腹部に痛みを感じるという妊婦さんが多くいらっしゃいます。
今回はこの妊娠後期の腹部の痛みについて説明をしたいと思います。
まずは痛みの場所により原因が変わってきます。
多く場合痛みが起こるのが、子宮の全体や、左右と言うことが多いと思います。
この際に左右同時に痛みが起こるということはほとんどありません。

スポンサーリンク

この原因として考えられることは、子宮を支える為の靭帯が関係しているというのがほとんどになります。
子宮というのは、太ももの付け根の部分とつながっています。
これは子宮がねじれることを防ぐ為のものです。
妊娠も中期に差し掛かることで、体内の胎児も大きくなってきます。
その際に、靭帯というは今まで硬いものだったのですが、次第に柔らかくなっていきます。
胎児が大きくなることで子宮もだんだんと大きくなっていくのですが、この時に、子宮の成長スピードに靭帯が追いつかなくなることで、靭帯が引っ張られてしまいます。
そのため、痛みが起きるというものです。
この際には、横になって痛い方を下にすると痛みが軽減されることがあります。
これは、胎児が順調に成長している証でもあるのでさほど心配をする必要はありません。
しかしながら、この症状の他に、定期的に痛みが起こるといった症状や、激痛、出血といった症状がある場合は注意が必要です。
この際には、母体だけでなく胎児の双方に危険があることもありますので、早期に医療機関での検査を行い、詳しい原因を突き止めることが先決です。

スポンサーリンク